お葬式から49日までの流れ

これまでに家族のお葬式をしたことがない人からすればお通夜と告別式を行なって火葬をすれば故人を弔う行為は終わると考えがちです。しかし、それは大きな間違いです。お通夜と告別式を無事に済ませたあとは初七日があります。そもそも人が亡くなったあとの7週間のことを仏教の世界では中陰と呼んでおり、死者がまだ彷徨う期間とされています。そのため、7日ごとに法要を行なって供養することで無事に成仏させようという考え方があるのです。

そして、その最初の7日が経過した際の法要が初七日です。さらに、14日目に行なわれる27日法要、21日目に行なわれる37日法要があって、納骨を行なう49日法要があります。この49日法要をもって成仏できると考えられており、忌明けにもなるのです。このようにお葬式が終わったあとも様々な法要があるのですが、現在はこれらを全て厳格に行なっている家庭は少数です。まず、初七日に関しては告別式の際に同時に行なうことが多くなっていますし、そのほかの27日法要や37日法要は省略されて行なわれないことが多いのです。

しかしながら、納骨を伴い、尚且つ成仏するといわれる49日に関してはほぼすべての家庭において行なわれています。これには地域差などもなく、日本全国で同じように行なわれています。そのため、お葬式のあとは49日法要があることを考えて準備をしておく必要があります。しかし、この49日に関しては厳密に49日目にしていないケースが多いです。通夜や葬儀は平日であっても行なうことが多いのですが、49日などの法要は直近の土日などに行なうことが多いのです。そのため、49日目は絶対に休まなければいけないということはありません。

お葬式は忌引き休暇などを用いて休むことができますが、それ以降の法要では仕事を休めない方がほとんどです。親戚の皆さんにも参加してもらうため、日取りは全員にとって都合のいい日にしましょう。また、日程は葬儀の場で話し合っておくとそれぞれが顔をそろえているためにスムーズであると言われています。