49日にもお葬式と同様にお香典のやりとりが存在

お葬式が終われば香典の整理なども終わり、さらには香典返しも無事に発送してひと段落しているはずです。しかし、この時に遺族が覚えておきたいのは49日法要にもお香典のやりとりがあるということです。今はどこにでも香典袋が売っていますが、そこにはご霊前とご仏前があります。通夜や告別式に参列する際にはご霊前ですが、49日以降はご仏前となるのです。ただし、一部の宗派では49日以前であってもご仏前が用いられる場合があり、それぞれの宗派によってルールは異なっています。

基本的にはご仏前が用いられるわけですが、ご仏前の香典袋がコンビニなどにも置いてあることからわかるように、これを使用する人は世の中にたくさんいるわけです。つまり、親戚などの49日に参列する際にはお葬式のときと同じようにこの香典袋を用いて香典を遺族に渡します。そうなると、これを受け取った遺族側は香典返しを行なうこととなります。香典の金額は葬儀のときと同じ程度、もしくはそれよりやや低い金額が相場と言われています。

しかし、参列するのはほぼ親戚であるため、1万円以上のお香典がひとつの相場と言われています。このような金銭を受け取ることになるので、受け取った遺族側はお葬式のときと同じように香典返しという返礼を行なうことになります。お葬式の場合には後日宅配してもらうケースも今は多いのですが、49日の際には法要が終わったあとに直接お渡しすることが多いため、これはあらかじめ用意しておきたいものです。その際の品物は消耗品など残らないものが良いといわれています。ただし、持ち帰ってもらう際にあまりに重たい荷物になっても相手に申し訳ないため、その点をよく考えた上でアイテムを厳選しましょう。

今はこのような場面においてカタログギフトなどを用いる遺族の方も増えていますし、必ずしも直接渡すことをせず、後日送っている方もいます。このあたりは当人たちが決めることですが、親戚の中にはこうしたマナーに細かい人もいる可能性もあるので気を付けましょう。